集団会話が苦手で入れない人の為のコツや会話の話題

「1対1での会話なら普通に話せるのですが、3人以上の集団で会話をするのが苦手です。
どうしたら集団での会話に入ることが出来るでしょうか?」

 

こういった悩みを抱えている人は意外に多いもので、ネット検索をしたり会話の本を買っている方も多いですよね。

 

2人だと話せるため、会話下手には見えないのですが、3人以上で集まるような、合コン、パーティーになったら、そのとたんに会話が難しくなったりします。


集団会話が苦手になる理由とは・・・?

 

まず、1対1で話せる人は、コミュニケーション能力が無いわけではありません。
あくまで、集団になった時の会話のコツを知らないだけです。

 

では、集団会話が上手くできない理由をあげていきます。

 

1)人の話をちゃんと聞かない

会話の腰を折ってしまっては会話になりません

 

2)会話に入るタイミングがわからない

真面目な人ほど、タイミングを見計らい過ぎて会話に入れない傾向にあります

 

3)話す気が無くなる

自分が話さなくても会話が成立すると感じると話せなくなる


■集団での会話を円滑に行うコツ

 

1)失敗を恐れずに話に入ろう

会話が苦手と思っていると、他の人は上手に話しているように見えます。
しかし、他の人も集団での会話は苦手と思いながら話していることもあるのです。

なので、上手い下手は気にせず、話してみることも大事です。

 

2)相手の話しに興味を持つ

自分にとって興味のない話題には入りにくいかもしれませんが、興味を持つだけでも会話に入っていけます。

「それって面白そうだね」
「詳しいんだね」

と言うだけでも、会話は成立します。


3)話題を用意しておく

その日のニュースなどから、みんなが興味を持ちそうで知っていそうなネタで会話をするとスムーズにトークが進みます。


4)相手の情報を収集しておく

集まる人がわかっているのなら、その人達のブログやフェイスブックをチェックして、会話のネタに出来そうなことをストックしておきましょう。


5)会話が下手だと明言してみる

「みんなの話題に入りたいと思うんだけど、会話が下手なもんだから、変な空気にしちゃったらゴメンね(笑)」

と明るくいってみると、話しやすくなったりします。


集団会話が苦手で入れないと思っていても、ちょっとしたコツをつかめば、スムーズに入って行けるようになります。

 

まずは、習うより慣れろです。

会話が苦手なのも個性の一つになるのですから、どんどん話してみましょう。